それいけStarsong!
Shiva を駆け抜ける★の日記!
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
神威 ~計画編~
2006年 09月 28日 (木) 04:40 | 編集
 こんにちは。
 今日は二時間くらいかけてテキストを作ってました。☆です。

 タイトルの通り今週末、アークエンジェル達全員と戦うクエスト「神威」をやることになりました。

 なったのはいいんですが私が作戦面の立案を任されることになったので責任重大です。
 脳内シミュレーションと経験、Web 上のデータを元に細かく書いてみました。

 以下、長いので折りたたみ。




 1.アウトライン

 PTを以下のように編成。

 A) ナA 忍 モ 赤A 赤B 白A
 B) ナB 戦 侍 赤C 黒A 白B
 C) 詩 黒B 黒C 黒D 黒E 白C

 以下にて誰がどのタイミングで何をするか詳細に記述していくため、自分がどのPTのどこにあてはまるかをまずココで理解しておくこと。
(別途リーダーより指示があると思います)



 敵は5体+呼び出すペット2。

 撃破予定の順番は


 TT(タルタル)
  ↓
 MR(ミスラ)
  ↓
 MRのペット(マンドラor虎)
  ↓
 GK(ガルカ)
  ↓
 子竜(GKのペット)
  ↓
 EV(エルヴァーン)
  ↓
 HM(ヒューム)




 つまり戦闘開始直後は18人で7体のモンスターを相手することになり、単純計算でも 2.5 人で一体の敵を押さえなければならない計算になる。
 このため戦闘負荷を激減させるために開始5分以内に二番目のMRを倒せていることが何よりも好ましい。
 逆に倒せていない場合は著しく戦況が不利になる。



 バトルフィールドは入った所に小さな小部屋があり、長い通路の先に闘技場が広がっている。
 通路の出口から闘技場まで階段があり、以下のように大まかな設定を行う。


 a) 入ってすぐの小部屋
 b)通路
 c)階段
 d)闘技場内



 2.戦闘


 i) TT対応チーム:戦 侍 黒A 黒B 黒C 黒D 黒E (詩) (白B)
 TTのジョブは暗/黒。ブラッドッウェポンを数度、魔力の泉を一度使用。
 敵の性質上、d) 闘技場の外へは出てこない。
 しかしワープで瞬間的な移動を縦横無尽に行うため、詠唱が中断させられる可能性がある。
 範囲攻撃は「麻痺」+「石化」のアモンドライブ。ターゲットされている対象を中心に発動。


 開戦したら戦が即座に挑発を入れ、背後の黒魔達に攻撃を巻き込まないよう逆向きに回る。
 侍は背後に黒魔を背負わない位置に陣取る。


 黒A~E の全員が闘技場のほぼ中央に陣取り魔法を詠唱すること。密集する必要はない。

 白B は逆に黒魔とは離れて、階段と闘技場のつなぎ目部分にて待つようにし、黒魔がタゲをとって全員がアモンドライブを食らっても印ストナで即解除できるようにすることが望ましい。以降はタゲをとった人間のサポートをしていく。

 詩については後述。

 このチームはとにかくスピード勝負。
 MP効率のこともあるが、1秒でも早くTTを沈めることに主眼をおく。

 当然、前衛の二人は突入前からTPを貯めておき、マイティや明鏡止水も即発動し、黒魔はMBなどは狙わずに最強魔法をガンガンぶつけ、HPを削らなければならない。
 ただし敵のHPは一万程度であるとデータ推測され、戦士1000 侍2000 と計算すると 黒魔の担当は一人当たり 1400 のダメージとなるため、これは4系魔法2発分。
 全員が問題なく着弾されることができれば、TTは 30秒~1分で撃沈することになる。ガ系では他のチームの担当を巻き込むおそれがあるため使用はしないこと。

 多少のもたつきがあったとしても1分30秒以内が目標タイム。


 終了後、即 MRチームと合流して戦闘を開始(説明はMRの項を参照)




 ii) MR対応チーム:ナB (赤C)

 MRは獣/シ。絶対回避と魅了を使用してくる。
 範囲攻撃は「ヘヴィ」+「睡眠」+「ノックバック」のハボックスパイラル。敵を中心に発動する。


 このチームは TT が倒される、最長90秒を耐えることに目標が置かれる。
 そのため開幕でいきなりインビンをしてもよい。
 注意しなければならないのはシーフのトリプルアタックが乗った状態でのランページ。軽く1000を突破するダメージを被弾することになるので、攻撃を極力食らわないようにキープする。


 赤C は開幕で MR にグラビデを入れたあと、呼び出した 虎 or マンドラゴラへ印スリプル2。レジられた場合はバインドで即座に足止めすること。
 その後、GK へスロウ2を入れる。

 TT は想像以上に早く沈むため、回復はナイト自身で間に合う。赤はGKのスロウを入れたらナB の補助に戻る。余裕がでたらGKチームの子竜をスリプル2で寝かせてサポートする。

 TT チームと合流後、MRを戦闘開始より3分以内で撃破が目標。
 戦闘開始されると絶対回避があるが、黒がMPが枯渇したら泉までを使用して一気に沈める。
 ただし誰か味方の一人が魅了されたとき、ガ系魔法を使用すると巻き込んでしまうため、範囲魔法は禁止。


 注意すべきは上述のハボックスパイラルの追加効果「睡眠」であり、毒薬でスリップ状態になっておくことが望ましい。


 MR が倒れ次第、ペットも殲滅。HPはさほどないため、必ず一気に倒してしまうこと。


 白B は TT に引き続きケアルとリジェネのサポート。MR のペット終了時点で MP が厳しいようであればヒーリングしても構わない。

 ペットまでが終わったら、黒はヒーリングに入る。回復後はリーダーの攻撃指示があった敵を任意で攻撃、ただしガ系魔法は寝かせているモンスターを起こしてしまう可能性もあるので禁止。

 ナB は終了次第、HM チームの応援に入る。
 赤C は以降、本体のサポート。(特に戦侍)




 iii) GK対応チーム:モ 白A 詩 (赤C)

 GK は侍/竜。明鏡止水を連発し、恐らく竜剣も使用してくる。
 範囲攻撃は亢竜天鎚落で「暗闇」+「バインド」。敵を中心に発動する。


 モと白A でGKを4分弱、キープすることが目標。モと白の詳細略。

 詩は呼び出してくる子竜を寝かせキープする。次に必ずエレジーを何としてでも入れる。子竜は赤C の補助が入ったら、以降は任せても構わないが、起きていないか必ず倒すまで注視。
 歌はモンクには必要なく、バラードを黒魔にかけ続ける。

 MR までを倒し終わった場合、前衛がモ戦侍に増えるため、黒のヒーリングが終わるまで殴りで削る。黒の回復後は精霊の援護もあるため比較的早く決着がつく。以降、リーダー指示に従い敵を殴る。

 白A と 白B が黒の戦線復帰まで前衛を支えること。

 GK撃破後、子竜も倒す。




 iv) EV対応チーム:ナA 赤A

 ナ/白で非常にタフ。インビンを数度、女神を一度使用してくる。
 範囲攻撃はドミニオンスラッシュで、ターゲットされた PC を中心に発動。追加効果は「静寂」
 また、シールドバッシュの強化版でシールドストライクも使用してくる。挑発並みの射程距離でスタンを食らい、しかも前方範囲。

 開幕で挑発し、d) 闘技場の外周部分をマラソンし続けるのが役目。赤はグラビデを切らさないようにする。このため開幕は印をつけたグラビデが望ましい。ナAはありとあらゆる手段で生存し続けることが大目標であり、特にスピリッツウィズインだけは絶対に食らわないように心がける。
 ただしシールドストライクを食らい、スタン状態の所へスピリッツウィズインを打ち込まれる可能性がゼロではないのである程度の運が絡む部分も多い。
 増援の到達は早くても5~7分後。
 そこまで白B や 黒たちの応援もある程度あるとはいえ、耐える必要がある。


 増援到着後も、ターゲットになっている PC は即死の危険が常につきまとうので、倒しきるまでマラソン戦法が安全策になる。
 総攻撃のあとの休憩も入り、女神があるため5分~10分ほどの長期戦になると推測されるのでタゲを取っている人をくれぐれも全員で死なせないようにすることが肝心。




 v) HM対応チーム:忍 赤B 白C

 HM は戦/忍でマイティを常時切らさないくらいの勢いで使用、一度のみ微塵がくれをしてくる。
 範囲攻撃は絶双十悶刃で追加効果は「スタン」、前方範囲。

 注意点は開幕時、空蝉を HM がはっている可能性があり、これをストンガなどの弱精霊範囲魔法で消してから印グラビデを入れる。決してディアガで消してはいけない。

 マラソンをする場所は b) 通路を中心とした、a) 最初の小部屋 ~ c) 階段の全般。ただし ナB の応援が入ってからは、闘技場までを含めてマラソンでよい。逆に通路の場合は事故が発生した場合にサポートがきかないおそれがあるので、2往復程度すれば十分な時間が稼げる可能性が高い。

 また耐える時間も最初の3人で5分、4人で15分から20分と長丁場が予想される。

 微塵がくれが強烈なため、最後にしてるのに全滅をしかねない最凶の相手。HP依存ではあるが、中盤で使用されると2000を突破することも珍しくない破壊力になるので、戦闘が開始したら特に後衛はバファイとストンスキンを切らしてはいけない。

 その点を除けばマイティ中の WS がトンデモなダメージを出す以外はさほど脅威にはならない。
 (ここまでくると18人で総攻撃ができる為)




 3.用意するもの

 ハイポーション系のHP回復用アイテム(任意)
 やまびこ(必須)
 イカロスウィング(前衛ジョブは必須)
 毒(全員必須)
 リフレシュ効果のドリンク(ナイト及び後衛必須)
 リレイズ装備(必須)




 4.サポジョブ

 ナ:戦
 黒:白推奨(赤もグラのサポートができるので望ましい)
 白:任意
 赤:黒
 戦:忍推奨
 侍:忍推奨
 詩:白
 忍:戦


 5.注意書き

 ・タゲを取ったら味方を巻き込む可能性がある方向へいかない
 ・リレイズアイテムを切らさない
 ・ストンスキンは切らさない
 ・慌てない
スポンサーサイト
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) それいけStarsong! all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。